まずは、エックスサーバーと契約をしておきましょう!
一番安いプランで最初は十分です。
→ エックスサーバー

ここでは、エックスサーバーのサーバーパネル(管理画面)から「WordPressを自動インストールする方法」をご紹介していきます。

驚くほど簡単なのでビックリされることとおもいますよ~。

 

WS000140

 
FTP接続で、手動でもWordPressのインストールができますが、この自動インストール機能は、私のようなパソコン音痴や初心者にとってとてもありがたい機能になっています。
エックスサーバーを利用することで、初心者でもSEOに強いWordPressのブログをすぐさま開設することができるのです。

XサーバーでWordPressを自動インストールする方法

さて、エックスサーバーに独自ドメインを登録したところで、登録したドメインでWordPressを使えるように自動インストール機能を使います。

エックスサーバーは、最新版のWordPressにいち早く対応しているので、安心してすぐ最新版が使えます。

1.サーバーパネルのメニューより自動インストールをクリックします。

WS000333
 
2.WordPressをインストールしたい独自ドメインを選びます。

3.”自動インストール”を開いたら、プログラムの”インストールタブ”をクリックします。

 

4.”WordPress 日本語版”とあるので、インストール設定をクリック♪

5.WordPressの”インストール場所”や”管理画面へのログイン情報”を入力します。

WS000138

 
【インストールURL】
WordPressをインストールするドメインを選択します
(赤枠のところは未記入でOKです)

【ブログ名】
ブログ・サイトのタイトルを記入します

【ユーザー名】
ブログ・サイトの管理画面にログインするためのユーザー名を記入します ※好きな名前でOK

【パスワード】
ブログ・サイトの管理画面にログインするためのパスワードを記入します ※好きな名前でOKですが、複雑なものにしよう

【メールアドレス】
ユーザーのメールアドレスを記入します ※フリーメールアドレスでもOK

データベース名・ユーザー名・パスワードを記入して

6.「インストール(確認)」をクリックします。

 

WS000334

そうすると、確認画面が開きます。”MySQLデータベース名”、”MySQLユーザー名”、”MySQLパスワード”が自動発行されます。

7.確認したらインストール(確定)をクリック♪
 
WS000139

 
8.WordPressのインストール完了です。
ログイン情報やMySQL情報は、大切に保存(メモ)しておきましょう。

ちなみに、独自ドメインのURLの後に”wp-admin/”と入力すれば、WordPressのログイン画面が開きます。

たとえば
https://●●●●.com/wp-admin/

というような風になります。

 
以上でエックスサーバーでのWordPress自動インストールするまでを説明いたしました。

とても簡単だったでしょ?