さて、久しぶりに母のご報告をさせていただきます。
すでに母は退院をしまして、デイケアを中心とした
母の生活をエンジョイしていますので、その一面を。。。

6月26日退院

ちょっと遅れましたが、
母が6月の26日に無事退院を致しました。

1月30日の夜中、すでに31日になって
入院してから、かれこれ半年近くの入院生活でした。

その間、好きなビールやタバコを絶ち
味気ない、同じことの繰り返しをいやというほど経験して

やっとこさ~
帰ってこれたって訳です~(^^ゞ

プチリフォームで自宅介護にしました

一時は、老健(介護老人保健施設)のような施設も考えました。。。
同年代の友人からは、自分の体を壊したら大変だから施設もいいかも?
とか、
母と同年代の近所のばあさん連中からは
「できるだけ、家で介護を!」のプレッシャーの狭間で悩みました。

(ちなみに、大阪市内の老健での基本の利用料は、大部屋で10万円程度
個室では20万円程度です。

ワガママな母には、個室しかないのですが、
基本料金で20万円は、長期で考えるとちょっとキツイですよね~。)

で、母自身がやはりどうしても住み慣れた家に帰りたい
という希望が大きかったこともあって
色々と悩んだ結果、

家を少しリホームすればなんとか一緒に生活できるようなので
母の部屋を中心に改装して受け入れることにしました。

まずは部屋の不要なタンス類を処分し、和室から洋室に変えて
介護ベッドをレンタルすることにしました。

WS000134

購入も考えましたが、月1500円でレンタルできるとのことでしたので
レンタルにしました。

その他、玄関やふろ場・トイレなどの手すりや段差解消などの
プチリフォームをして受け入れ態勢を整えました。
(このような介護のためのリフォームは1割の負担でしてもらえます)

ルンルン気分でデイケアに週3回♪

以前は自転車に乗ってあちこち出没していた母も
自転車に乗ることはもちろん、歩くことすらままならなくなってしまいました(^^ゞ
もちろん、少しくらいなら介助なしで歩けますが
普段は杖を愛用されていらっしゃいます~。

暇を持て余すのは退院前から分かっていて
家でボーとしているのは、あまりよくないと思ったので、
退院前から、ケアマネ(ケアーマネージャー)さんと相談して
退院後、すぐにデイケアのサービスを受けるこができるように手配をしました。

すると、すぐ近くで(歩いて5分)デイケアーセンターが見つかり
お世話になることができたのです。

WS000089

幸い、母は2回も転倒したお陰で?『要介護1』をぎりぎりもらう
ことができたので

週3回デイケアのサービスを受けることができました。
(もし、要支援2でしたら、週に2回しか通えません。)

費用の方も、介護負担の割合が1割なので
1日700円程度(昼食費は別途700円)で済みますから
昼食代込みで1日1500円程の負担なので、とても助かります。

で、デイケアってどんなところなの?
って知らなかったのですが、意外といい感じで
昼食もまずまずのランチを提供して頂いていますよ♪

WS000088

しかも「お肉にする?お魚がいい?」
と毎日聞いて下さるそうで、ちょっとイイ気分じゃないですか?

母も、「今日はお肉にしたら『焼き肉』だった~」
とか
「肉だったら、『すき焼き』だったので『サバの煮つけ』にした」
(そこは、すき焼きやろが~と思いましたがね~(^^ゞ)
とか、報告をしてくれますョ。

もちろん、食事だけではなく、様々な設備も完備されていて

WS000135

大好きなカラオケを歌わせてもらったり
元々、細かな作業の作品を作るのが好きだったので
折り紙や貼り絵を楽しんだりしています。

WS000136

さらに、運動機能回復の訓練も定期的にあったり
外での食事会や、気候のいい時ですと
花見や紅葉狩りのようなイベントもあるそうです。

2016-06-27 14.17.21

また、お風呂のサービスも付いているのが
とても助かります。

2016-06-27 14.19.21

というのは、自宅の風呂に手すりとか付けてますので
自宅での入浴も可能なのですが、夏場はともかく
冬は底冷えして、とてもじゃないけど風邪をひいてしまいます~
(私は銭湯派なので関係ないのですが。。。)

この他、看護師さんが週に1回診に来てくださったり
デイケア以外の平日の昼にはお弁当の配達を頼んだりしています。
(もちろん、食にこだわる母だけ~
介護関連で1割程度の割引があるので、これも助かってます)

また、今高齢者が多いからでしょうか?
送迎してくださる医院もあって(送迎は無料)
私の母も送迎してくださるお医者さんに掛っていますので
こちらも、とても助かるサービスになっています。

母がデイケアで御世話になっている間に、掃除・選択・買い物はもちろん
神戸まで、孫の顔を見に行って世話をすることもできますので、
母も私も、大きなストレスなく暮らすことが出来ていますョ♪

 
WS000256
 

コメントをどうぞ